音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

音楽理論 第2章

平行調 ~第2章~(7/11)

投稿日:2017年11月20日 更新日:

Pocket
LINEで送る


 

前回「ナチュラルマイナースケール」のおさらいです!前回のまとめですが、

  • ナチュラルマイナースケールの「全半全全半全全」という並び
  • 2度と3度5度と6度半音間隔
  • メジャースケールの6度(MA6)をトニックにして、音を順番に並べるとナチュラルマイナースケールになる

以上の3つをしっかり頭に入れておきましょう!

 

スポンサーリンク

ナチュラルマイナースケールを五線譜に表そう!

Aナチュラルマイナースケール

まずは、Aナチュラルマイナースケールを五線譜に表してみましょう!

前回も解説しましたが、Aナチュラルマイナースケールは、Aから音符を並べただけで、Aナチュラルマイナースケールの完成になります。♯や♭は必要ありません。一応確認してみましょう!

2度と3度5度と6度を確認して、「全半全全半全全」の並びになっているか確認します。2度、3度はBとC、5度、6度はEとFです。BとCEとF半音間隔(自然発生的半音階)でしたね!つまり、2度と3度5度と6度半音間隔です!そのままで「全半全全半全全」の間隔になっています!

では、他のキーでナチュラルマイナースケールを五線譜に表してみましょう!

 

Eナチュラルマイナースケール

やり方は、メジャースケールを五線譜に表すやり方とほとんど同じです(メジャースケールのやり方→メジャースケールを五線譜に表そう!(シャープキー編))。

ではEナチュラルマイナースケールでやってみましょう!

 

①トニックからオクターブ上まで音符を並べる

Eからオクターブ上のEまで五線譜に音符を並べましょう。

 

②BとC、EとF(自然発生的半音階)の位置を見る

BとCEとFの位置を見てみましょう。1度と2度5度と6度が半音間隔になっています。ナチュラルマイナースケールは2度と3度5度と6度が半音間隔でしたね。このままではナチュラルマイナースケールになっていませんね。

 

③「全半全全半全全」の間隔になるようにずれている部分を♯や♭で直していく

このままだと「全全全全全」ですので、♯や♭を使って「全全全全全」にしていきましょう!

5度と6度はそのままで半音間隔になっているので、そのままで大丈夫ですね!1度と2度半音間隔になっているので、2度の音を半音上げて全音間隔にしましょう!では、2度の音であるFをつけます。

「全全全全全」の間隔になりましたね!これで、Eナチュラルマイナースケールの完成です!

 

平行調とは?

Eナチュラルマイナースケールを五線譜に表してみましたが、このEナチュラルマイナースケールはFだけにがつきました。このように、Fだけに♯が付くスケールが他にもあったのを覚えておりますでしょうか?Gメジャースケールです!

Gメジャースケールの調号を思い出してみましょう。Gメジャースケールの調号は♯1個(Fに♯)でした(こちらを参照→各シャープキーの#の数)。

つまり、EナチュラルマイナースケールGメジャースケール同じ音で構成されています。

 

メジャースケールの6度をトニックにすると、ナチュラルマイナースケールになる

前回の復習でもありますが、メジャースケールの6度(MA6)をトニックにして、音を順番に並べるとナチュラルマイナースケールになりましたね!

Gメジャースケールから見てE6度(MA6)に当たるので、GメジャースケールEをトニックにして音を順番に並べるとEナチュラルマイナースケールになります!これは、逆に言うと、ナチュラルマイナースケールの3度(mi3)をトニックにするとメジャースケールになるということです!

 

このように、GメジャースケールEナチュラルマイナースケールのように、全く同じ音で構成されているメジャースケールナチュラルマイナースケールの関係性を平行調と言います。

この平行調同じ調号で表すことができます。例えば、EナチュラルマイナースケールGメジャースケールの調号(♯1個)で表すことができます!

 

ナチュラルマイナースケールの平行調の導き方

では、試しにBナチュラルマイナースケールの平行調を導いてみましょう。

 

①Bメジャースケールを作る

やり方を忘れた方はこちら→(メジャースケールを五線譜に表す簡単な方法)

 

②MA3をmi3にする

先程作ったBメジャースケールの五線譜を見てみましょう。MA3D♯ですね。これをmi3にすると、Dになります。そのDをトニックにしたメジャースケール、すなわち、DメジャースケールBナチュラルマイナースケール平行調になります!

 

平行調一覧

平行調の一覧と、その調号に付く♯と♭の一覧をまとめてみました。

・Eマイナー  Gメジャー・・・・♯1個(F)
・Bマイナー  Dメジャー・・・・♯2個(F、C)
・F♯マイナー Aメジャー・・・・♯3個(F、C、G)
・C♯マイナー Eメジャー・・・・♯4個(F、C、G、D)
・G♯マイナー Bメジャー・・・・♯5個(F、C、G、D、A)
・D♯マイナー F♯メジャー・・・♯6個(F、C、G、D、A、E)
・A♯マイナー C♯メジャー・・・♯7個(F、C、G、D、A、E、B)
・Dマイナー  Fメジャー・・・・♭1個(B)
・Gマイナー  B♭メジャー・・・♭2個(B、E)
・Cマイナー  E♭メジャー・・・♭3個(B、E、A)
・Fマイナー  A♭メジャー・・・♭4個(B、E、A、D)
・B♭マイナー D♭メジャー・・・♭5個(B、E、A、D、G)
・E♭マイナー G♭メジャー・・・♭6個(B、E、A、D、G、C)
・A♭マイナー C♭メジャー・・・♭7個(B、E、A、D、G、C、F)

 

今回はここまでです!みなさんお疲れ様でした(*^^*)!

次回→同主調







-音楽理論, 第2章
-,

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.