音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

音楽理論 第2章

同主調 ~第2章~(8/11)

投稿日:2017年11月21日 更新日:

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

同主調とは?

トニックが同じメジャースケールナチュラルマイナースケールの関係性を同主調と言います。例えば、CメジャースケールCナチュラルマイナースケールは同主調です。

では、CメジャースケールCナチュラルマイナースケールを比較してみましょう。

 

CメジャースケールとCナチュラルマイナースケールの比較

CメジャースケールCナチュラルマイナースケールの違いは、3度6度7度の音ですね!Cメジャースケールから見て、Cナチュラルマイナースケールは、3度、6度、7度が半音下がっています。逆に言えば、Cナチュラルマイナースケールの3度、6度、7度を半音上げるとCメジャースケールになりますね!しっかり覚えておきましょう!

 

平行調と同主調の比較

平行調と同主調を比較してみましょう。平行調と同主調はこのような違いがあります。

 平行調
・調号が同じ
・トニックが異なる

 同主調
・調号が異なる
・トニックが同じ

平行調と同主調の違いはしっかり覚えておきましょう!

平行調と同主調は、作曲や、コードアレンジをする際に頻繁に使用されます。その辺はまたおいおいやっていきますので、よろしくお願い致します!

 

今回はここまでです!皆さんお疲れ様でした(*^^*)!次回もよろしくお願い致します!

次回→ダイアトニックコード(ナチュラルマイナースケール編)







-音楽理論, 第2章
-

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.