音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

「第1章」 一覧

第1章まとめ

2017/11/05   -音楽理論, 第1章
 

第1章まとめ 第1章の内容は、以下のようになっています。   第1章もくじ 音程(ピッチ) メジャースケールの構造 メジャースケールを五線譜に表そう!(シャープキー編) メジャースケールを五 ...

ダイアトニックコード(メジャースケール編) ~第1章~(16/16)

ダイアトニックコードとは? 前回、前々回とトライアドについてやってきました。トライアド(三和音)とは、1度、3度、5度のコード(和音)のことでしたね!では、メジャースケールのダイアトニックコードについ ...

トライアド(三和音)…Aug(オーギュメントコード)、Dim(ディミニッシュコード) ~第1章~(15/16)

トライアドの復習 前回「トライアド(三和音)…MA(メジャーコード)、mi(マイナーコード)」に引き続き、トライアドについて解説していきます。 前回、トライアドは、 MA(メジャーコード) mi(マイ ...

トライアド(三和音)…MA(メジャーコード)、mi(マイナーコード) ~第1章~(14/16)

トライアド(三和音)とは? トライアド(三和音)とは、1度、3度、5度のコード(和音)のことです!コード(和音)は複数の音が同時に発音されたものです。   トライアドの種類(4種類) トライ ...

ダブルシャープ、ダブルフラット ~第1章~(13/16)

2017/10/28   -音楽理論, 第1章
 

ダブルシャープとは? ♯(シャープ)は半音上げたい時に用いられましたね。対して、ダブルシャープは、半音2つ分、つまり全音上げたい時に用いられる臨時記号です。「x」のような形の記号が用いられます。 &n ...

インターバル(音程差)の導き方その2 ~第1章~(12/16)

  前回「インターバル(音程差)の導き方」に引き続き、インターバルを導いていきましょう! もう一度、クオリティの5つの決まりごとを確認しておきましょう! MA(メジャー)が半音下がったらmi ...

インターバル(音程差)の導き方 ~第1章~(11/16)

クオリティの導き方 前回の「インターバル(音程差)」の続きです。2つの音符のインターバルを表すのにクオンティティとクオリティが用いられると解説しました。前回、クオンティティの表し方を解説したので、今回 ...

インターバル(音程差) ~第1章~(10/16)

インターバル(音程差)とは? インターバル(音程差)とは、2つの音がどれくらい離れているかを表すものです。インターバルを表す際、クオンティティとクオリティという2つの要素が用いられます。   ...

臨時記号と異名同音 ~第1章~(9/16)

臨時記号とは? 調号以外の音に付く♯、♭、♮のことを臨時記号と言います。   ♮(ナチュラル) 以前に適用された♯または♭(調号を含む)をキャンセルする際に♮が使用されます。では、使用例を見 ...

調号の簡単な覚え方。丸暗記の必要なし!(フラットキー編) ~第1章~(8/16)

2017/10/20   -音楽理論, 第1章
 

調号(フラットキー) 以前、「シャープキーの調号の簡単な覚え方」をやりました。今回はフラットキーの調号です! 前回、「メジャースケールを五線譜に表す簡単な方法!(フラットキー編)」にて、各フラットキー ...

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.