音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

音楽理論 第2章

コード進行を見てキーを探そう! ~第2章~(11/11)

投稿日:2017年11月28日 更新日:

Pocket
LINEで送る


 

スタジオミュージシャンやジャズミュージシャンなどは、コード譜を見て、即興でソロを弾いたり伴奏を弾いたりしなくてはなりません。そのコード進行のキーが何であるかを知ることで、効果的に演奏することが出来ます。コード進行を見て、キーを見つけることを、「キーセンターを見つける」という言い方をします。これからキーセンターを見つける方法を解説していきます!

 

スポンサーリンク

メジャーキーのコード進行を見てキーセンターを見つけよう!

以下のコード進行のキーセンターを探してみましょう!

このコード進行に、ダイアトニックコードのフォーミュラを当てはめていって、キーを探していきます。

 

もう一度、ダイアトニックコードのフォーミュラをおさらいしておきましょう!

ⅠMA7 Ⅱmi7 Ⅲmi7 ⅣMA7 Ⅴ7 Ⅵmi7 Ⅶmi7(♭5)

以上、7つのローマ数字がメジャーキーのダイアトニックコードのフォーミュラです。復習→「ダイアトニックコード(セブンスコード編)

 

Ⅴ7(ドミナントセブンス)を探そう!

ここで、キーを割り出すヒントになるのが、Ⅴ7(ドミナントセブンス)です。ダイアトニックコードにⅤ7は1個しかありません。ではこのコード進行でⅤ7に当たるコードを探してみましょう!この中でⅤ7になりうるのは、D7だけですね!では、D7Ⅴ7を当てはめましょう!

あとは、D7から他のコードがどれくらい離れているか考えながら、ローマ数字を当てはめていくだけです。

ちょうどローマ数字を当てはめることが出来ました!ⅠMA7にくるのはGMA7になるので、このコード進行のキーはGメジャーです!

 

ドミナントモーション

ちなみに、Ⅴ7はトニックのコードであるⅠMAに向かおうとする性質があります。これをドミナントモーションと呼びます。Ⅴ7は不安定な響きのコードで、そのⅤ7の不安定な響きで緊張感を持たせ、安定したコードであるⅠMA7に進行することを「解決する」という言い方をします。

以上のことから、Ⅴ7の次のコードは、ⅠMA7になることが多いので、その辺もヒントにすると良いでしょう。

 

マイナーキーのコード進行を見てキーセンターを見つけよう!

続いて、マイナーキーのコード進行のキーセンターを探してみましょう。

マイナーキーのコードフォーミュラを復習しておきましょう。

Ⅰmi7 Ⅱmi7(♭5) ♭ⅢMA7 Ⅳmi7 Ⅴmi7 ♭ⅥMA7 ♭Ⅶ7

以上、7つのローマ数字がマイナーキーのダイアトニックコードのフォーミュラです。復習→「ダイアトニックコード(セブンスコード編)

 

♭Ⅶ7(ドミナントセブンス)を探そう!

マイナーキーのドミナントセブンス♭Ⅶ7ですね!これをヒントにコード進行にローマ数字を当てはめていきましょう。このコード進行で♭Ⅶ7になりうるのはB♭7ですね!では、B♭7♭Ⅶ7を当てはめましょう。

あとは、B♭7から他のコードがどれくらい離れているか考えながら、ローマ数字を当てはめていきましょう。

それぞれのコードにローマ数字が当てはまりましたね!Ⅰmi7にくるのはCmi7になるので、このコード進行のキーはCマイナーです!

 

マイナーキーのⅤmi7は、Ⅴ7になる場合がある!

マイナーキーでは、Ⅴmi7Ⅴ7にすることがよくあります。Ⅴ7にすることによって、Ⅰmi7に向かおうとする効果が高まるのです。これもいわゆる、ドミナントモーションです。ですので、マイナーキーの場合、ドミナントセブンスは、Ⅴ7♭Ⅶ7両方の可能性があります!

 

次のコード進行を考えてみましょう。

マイナーキーのⅤ7は、Ⅰmi7に進むことが多いです。ですので、Ⅴ7→Ⅰmi7になっているところを探してみましょう!D7→Gmi7がちょうど当てはまりますね!

あとは、D7、Gmi7と他のコードを比べながら、ローマ数字を当てはめていきましょう。

うまいことローマ数字が当てはまりました!このコード進行のキーは、Gマイナーです!

 

トライアドのコード進行を見てキーを見つけよう!

以下のトライアドのコード進行で考えてみましょう。

|A    |B    |G♯mi  |C♯mi  |

|F♯mi  |B    |E    |

 

ここで、キーを割り出すヒントになるのが、隣り合っているメジャーコードと、隣り合っているマイナーコードです!

ダイアトニックコードで言うと、ⅣMAとⅤMAⅡmiとⅢmiです!

このコード進行のA BF♯mi G♯miがそれに当てはまりますね!

 

では、ローマ数字を当てはめていきましょう。

|A   |B   |G♯mi |C♯mi |
ⅣMA      ⅤMA     Ⅲmi     Ⅵmi
|F♯mi |B   |E   |
Ⅱmi      ⅤMA      ⅠMA

うまいことローマ数字が当てはまりました!このコード進行のキーは、Eメジャーです!

 

今回で、第2章は終了になります!次回から第3章です!これからも何卒、宜しくお願い致します!ではでは、お疲れ様でした(*^^*)!

次回→メジャーペンタトニックスケール







-音楽理論, 第2章

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.