音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

音楽理論 第2章

拍子記号 ~第2章~(4/11)

投稿日:2017年11月13日 更新日:

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

拍子の違いで音楽のジャンルはどう変わる?

大抵の音楽は通常、2拍子3拍子4拍子のものがほとんどです。拍子が変われば音楽のジャンルも変わります。では、それぞれの拍子の代表的な音楽のジャンルを見てみましょう。

  • 2拍子・・・マーチ、ポルカ、サンバ、カントリーミュージックなど
  • 3拍子・・・ワルツ、ジャズ、カントリーミュージックなど
  • 4拍子・・・ロック、ファンク、ジャズ、ブルースなど

 

拍子記号とは?

拍子記号という記号で音楽の拍子は表されます。拍子記号は、調号の右に位置する2つの数字から構成されています。

上の図の拍子記号の読み方は、「4分の3拍子」と読みます。上の数字は、各小節に含まれる拍の数です。下の数字は、どの音符が1拍を表すかを示しています。4分の3拍子なら、1つの小節に4分音符が3つ入ることになります。

この4分の3拍子は、最初に書いた3拍子のジャンルなどで使われます。4分の2拍子も、最初に書いた2拍子のジャンルなどで使われます。4分の5拍子8分の7拍子などは、ジャズ、フュージョン、プログレなどで使われます。いわゆる、変拍子混合拍子と呼ばれるものです。

 

コモンタイム

しかし、わたしたちが普段耳にする多くの音楽の拍子は大体4分の4拍子です。4分の4拍子は最も一般的な拍子なので、通常の拍子の代わりに「C」という記号で省略されて表記される場合があります。これをコモンタイムと呼びます。

 

カットタイム

2分の2拍子「C」に縦線を入れた記号で表される場合があります。これをカットタイムと呼びます。

どの拍子記号が使われているかにかかわらず、小節内のすべての音符と休符の合計が、拍子記号で示された音符の数と同じにならなくてはいけません。

 

今回はここまでです。次回は、五線譜にリズムを記していく際の注意点を解説していきます!次回でリズムは最後になります!ではでは~~、みなさんお疲れ様でした~(*^^*)!!

次回→タイ・スラー







-音楽理論, 第2章
-

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.