ギター講座

ギター材「ポプラ」ってどんな木材?音の特徴は?

投稿日:

Pocket
LINEで送る

ギター材「ポプラ」とは?

どうも、音楽理論.com管理人のマユシマでございます。

今回はギター材の「ポプラ」という木材について解説していきたいと思います。

ポプラはギターやベースの木材として1度は聞いたことがあるかと思いますが、そこまでメジャーな木材ではないですよね。

 

「ポプラ」の特徴とは?

ポプラは主にヨーロッパ北アメリカが主な産地になります。

木材としては柔らかく、加工性に優れており、主に初心者向け入門機種のギターやベースのボディによく使用される木材です。

重さは割と軽く、ボディ材としての鳴りもまずまずです。

 

「ポプラ」ってどんな音?

ポプラは音としてはアルダーに近い特性を持っております。参考→ギター材「アルダー」の特徴とは?アッシュと比べるとどう違う?

そのため、アルダーの代替品という位置付けの木材になるのですが、アルダーと比べると、若干低音域が弱いのが特徴です。

そういう理由から、ポプラは上位機種ではあまり使用されることがなく、初心者向け入門機種のギターやベースによく使用されるんですね!

 

まとめ

たまに見かけるポプラを使用したギターやベースですが、低音域の弱いアルダーというイメージで考えるとギター・ベース選びで役に立つかと思います。

ポプラのギターやベースを見かけた際は是非是非参考にしてみてください(^^)!








  おすすめトピック

 

-ギター講座

Copyright© 音楽理論.com , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.