音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

機材 改造 ギター講座

ピカールでギターの金属パーツを磨いてピカピカに!くすみと錆も綺麗に!

投稿日:2018年3月15日 更新日:

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

ピカールとは?

ピカール液は、研磨剤入りの乳白色の液体で、金属くすみを落としてピカピカにしてくれる超優れものです!

ギターを長期間放置していると、どうしてもブリッジ、ペグ、フレットなどの金属パーツがくすんだり、錆が出てしまったりしてしまいますよね。

そんなときこのピカールが大活躍してくれます!

 

 

くすんで少し錆ついたうちのギターの金属パーツをピカールでピカピカにすることに!

今回、うちのギターちゃんをピカールでクリーニングすることにしました!

長年放置していたギターで、ブリッジジャックプレートネックプレートにくすみと錆が出ていました・・・涙

 

ピカールの使用方法

ピカールの使い方はこんな感じです!

  1. フタを取る前に缶ごとよく振る。
  2. 柔らかい布にピカール液を適量を付け、汚れが取れるまで磨く。
  3. 十分磨けたら、別の柔らかい乾いた布でよく拭き取る。

特に難しいことはありませんね!ただし、作業する時は、金属パーツ以外にピカール液がつかないように気をつけて行いましょう!

 

実際にピカールで金属パーツを磨いてみた!

まず、ブリッジのサドルを外して、ブリッジとサドルをピカールで磨いていきました。

 

そして、磨く前はこんな感じです。

き、汚い!!笑

ですが、ピカールで磨くと・・・

ここまでピカピカになります!!ここまでピカピカになるとは正直びっくり!

 

ジャックプレートもご覧の通り!

ジャックプレートも、ぶつぶつした錆が出ていたのですが、ピカールで磨くと錆が全部取れてピッカピカになりました!凄い!

 

サドルはちっちゃくて磨くのが大変でしたが、なんとかある程度汚れを取ることができました!

 

まとめ

最初はこのくすんで錆ついてしまった金属パーツを全部買い換えようと思っていたのですが、ピカールで見事に復活させることができました

ピカールAMAZONなどで300円台で買えちゃうので、新たに金属パーツを買い換えるより断然お得です!

なにより、自分で磨いて綺麗にしてやると、ギターの愛着も深まりますね!

効果絶大なので、是非是非、皆さんもお試しあれ~!







-機材, 改造, ギター講座

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.