音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

機材 改造 ギター講座

ギターのヘッドロゴを消してリフィニッシュする最も簡単な方法!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

ギターのヘッドロゴを消すことにしたわたくし。

今回、消すことにしたのはこのギター!

SELDERというメーカーのギターです。

初心者用の安いギターなんですが、ネックの杢が綺麗で一目惚れして買ってしまいました!笑

杢がネック全体に現れていてとても綺麗なのですが・・・

ロゴがちゃっちい!!笑

てなわけで、自分でロゴを消すことに!

 

用意するもの

①サンドペーパー

ロゴを削るためのサンドペーパーです。今回は400番のサンドペーパーを使用しました!

 

② XOTIC XP-OG1

こちらはオイルフィニッシュ用の塗料になります。

このオイルジェルを塗ると、オイル自体が固まり、塗膜を作ることができます。

 

③クロス(柔らかい布)

オイルジェルを塗る際に使用します。

 

作業手順

①サンドペーパーでヘッドロゴを削る。

ヘッドロゴの消し方ですが、まずはヘッドのペグ(マシンヘッド)、テンションピン等のパーツを全て外します

そして、サンドペーパー(400番)を使い、ひたすら削ります!笑

 

すると、綺麗にロゴが削れました!

このとき、ロゴの部分だけでなく、必ずベッドの表面全体を削りましょう!

中途半端に削ってしまうと、後でオイルジェルを塗る際、ムラができてしまうので!

 

②オイルジェルをクロスに染み込ませ、ヘッド表面に塗り込んでいく

オイルジェルを適量クロスに染み込ませ、ポリッシュを塗り込むような感じで、ヘッド表面にオイルジェルを塗り込んでいきます。

あまりベッタリと付けてしまうと、ムラができてしまうので、少量を薄く全体に広げて、クロスでオイルジェルを拭き取っていくイメージで!

これを2~3度繰り返します。そして、4時間ほど乾燥させると・・・

サラサラの質感オイルフィニッシュに仕上がりました!

オイルジェルを塗る前よりも、が出て、杢がより際立っています

 

ちなみに、ハケなどでたっぷりオイルジェルを塗れば、

分厚いポリウレタン風の塗装にすることも可能です!

その場合は、塗って乾かした後、ムラを無くすために丁寧にサンディングする必要がありますが。

 

まとめ

ギターのリフィニッシュ(再塗装)初挑戦の方々には、これが一番簡単でうまくいくやり方だと思います!

削って塗るだけなので、それほど手間もかかりませんし、失敗もほとんど無いので!

是非是非、参考にしてみて下さい~!







-機材, 改造, ギター講座

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.