音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

音楽理論 応用編

異名同音はなぜ必要なのか。どう使い分けるか。

投稿日:

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

異名同音とは?

例えば、FとE♯や、C♯とD♭など、実際には同じ音なのに名前が違うものを異名同音と言います。

ですがこの異名同音、同じ音なのになんでわざわざ2つの呼び名が存在するのか疑問に思ったことがある方も多いでしょう。

今回はその疑問についてお答えしようと思います!

 

異名同音が必要な理由

この異名同音、同じ音なら1つの呼び方に統一した方がややこしくなくて分かりやすいのでは?と思う方がほとんどかと思います。

ですが、1つの呼び方に統一してしまうと逆にややこしくなってしまう場合があるのです。

 

例えばAメジャースケールで考えてみましょう。

メジャースケールは7音で構成されているので、7種類のアルファベットで音を表しますよね。

Aメジャースケールの構成音は、

A、B、C♯、D、E、F♯、G♯

ですね。例えばC♯ですが、D♭異名同音です。

D♭にしてしまうと、スケールの音にアルファベットのDを2回使用することになってしまいます。かなりややこしくなってしまいますね。

 

じゃあD♭は無くしてC♯に統一すれば良いんじゃないの?と思うかもしれませんが、統一してしまうと問題が発生します

例えばA♭メジャースケールを考えてみましょう。

A♭メジャースケールの構成音は、

A♭、B♭、C、D♭、E♭、F、G

となります。先程のAメジャースケールの構成音を全て半音下げただけですね。

先程統一した方が良いのではと言っていたD♭が出てきましたね。これをもしC♯に統一してしまうとスケールの音にアルファベットのCを2回使用することになってしまいます。これまたかなりややこしくなってしまいますね。

異名同音を同じ音に統一してしまうと、このようにややこしくなってしまうため、異名同音は状況によって使い分ける必要があるのです。







-音楽理論, 応用編

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.