音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

音楽理論 第4章

代理コード(メジャーキー) ~第4章~(9/12)

投稿日:2018年1月7日 更新日:

Pocket
LINEで送る


 

これまで解説した「モーダルインターチェンジ」と、「セカンダリードミナント」というノンダイアトニックコードを使用することで、コード進行のバリエーションを増やすことができましたね!

さらに、コード進行のバリエーションを増やす方法があります。「代理コード」というテクニックです!メジャーキーおよび、マイナーキーのダイアトニックコードを代理コードに置き換えることで、コード進行のバリエーションを増やすことができます!

これからその代理コードについて詳しく解説していきます!

 

スポンサーリンク

代理コードとは?

メジャーキー、およびマイナーキーのダイアトニックコード3つのグループに分けることができます。

  1. トニックコードのグループ。最も安定したコード。
  2. サブドミナントコードのグループ。トニックから離れようとする性質。
  3. ドミナントコードのグループ。トニックに向かおうとする性質。

トニックサブドミナントドミナントの3つのグループです。

残りのダイアトニックコードも、この3つのグループに分けることができます。メジャーキーとマイナーキーでは、少し分け方が異なります。今回はメジャーキーのダイアトニックコードを、3つのグループに分けてみましょう!

 

メジャーキーのダイアトニックコードをトニック、サブドミナント、ドミナントに分ける

メジャーキーのダイアトニックコードは以下のように3つのグループに分けることができます。

トニック:     、Ⅲ、Ⅵ
サブドミナント:  、Ⅱ
ドミナント:    、Ⅶ

なぜこのように分けられるかと言いますと、それぞれ共通する音が多いためです。

 

以下にCメジャーキーのダイアトニックコードをトニックサブドミナントドミナントに分けて五線譜に表してみました。

のコードと、そのグループに属するコードの音を比べてみましょう。それぞれ共通している音が多いのがお分かりいただけるかと思います。

 

代理コードを使おう!

これらを踏まえた上で、以下のコード進行を見てみましょう。トニックは「T」、サブドミナントは「SD」、ドミナントは「D」で表しています。

至ってシンプルなコード進行ですが、これらのコードはトニック(ⅠMA)なら他のトニックのコードに、サブドミナント(ⅣMA)なら他のサブドミナントのコードに、ドミナント(ⅤMA)なら他のドミナントのコードに置き換えることができます。このように置き換えることが出来るコードを「代理コード」と言います。

 

では、上記のコード進行に代理コードを使ってみましょう!

このように、同じグループの代理コードに置き換えることで、コード進行のバリエーションが一気に増えましたね!

 

作曲をする時に、まずシンプルなコード進行を作ってから、代理コードに変えていくやり方はコードアレンジの定番です!

また、譜面を演奏する時、代わりに代理コードを演奏しても問題ありません。そこで、演奏者の個性が出たりするので、是非是非試してみてはいかがでしょうか。

 

今回はここまでです。次回はマイナーキーの代理コードについて解説していきたいと思います。ではでは、次回もよろしくお願い致します!みなさんお疲れ様でした~~(*^^*)!!

次回→代理コード(マイナーキー)







-音楽理論, 第4章
-

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.