音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

音楽理論 応用編

ギター等の楽器でリズム感を鍛える簡単な方法!あるコツを掴むだけ!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

音楽でリズム感はとっても重要です!

リズムが音楽においてとっても重要なのは言わずもがなですが、ギターなどの楽器を演奏する演奏者にとって本当にリズム感は重要です。

演奏者の良し悪しは、リズム感の良さが最重要視されると言っても過言ではないくらいリズムは重要なのです!

リズム感は、生まれ持った才能なんじゃないの?と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、リズム感は練習することで鍛えることができます!

ただ、一生懸命毎日練習していても、リズム感に自信が無いという方もいらっしゃるかと思います。

そんな方々に、これからリズム感を鍛える「コツ」をご紹介します!

この「コツ」さえ意識して練習すれば、すぐに、そして簡単にリズム感を良くすることができます!

 

リズム感を良くするコツ!

リズム感を良くするコツはズバリ、2拍目4拍目を意識して演奏することです。

リズム感にお悩みのほとんどの方は、1拍目に集中してしまい、他の拍になかなか集中できずにリズム感が狂ってしまいます。

実は、基本的に1拍目は自分があまり意識しなくてもリズムは取れるので、2拍目4拍目にさえ意識を集中させれば、自然と1拍目のリズムは取ることができ、2拍目と4拍目は意識している分しっかりリズムが取れ、その間の3拍目もしっかりリズムがとれるのです。

 

リズム感を良くする練習方法!

2拍目4拍目を意識する良い練習があります。それは、2拍目の頭4拍目の頭の音を強く弾いてアクセントを付けて(強調して)弾く練習です!

2拍目4拍目はドラムだと「スネア」が来ることが多いので、2拍目と4拍目にスネアがくる曲などを用意し、スネアの音に弾く音をジャストで合わせるイメージで演奏すると良い練習になります!

ただし、必ずしも2拍目と4拍目に音がなるわけではないと思うので、音が鳴らない時はギターならブラッシングで2拍目と4拍目を弾いて意識してみたり、慣れてきたら空ピッキングで2拍目と4拍目を意識したりという感じで2拍目と4拍目を意識する練習をしましょう!

 

いきなり2拍目と4拍目を意識して練習しろと言われてもなかなか難しいですが、「スネアの音に弾く音をジャストで合わせるイメージ」を持てば2拍目と4拍目を意識するイメージが掴みやすいです!

とってもリズム感を鍛えるのに効果がありますし、すぐに効果が出る練習方法ですので、是非是非試してみて下さいね~!







-音楽理論, 応用編

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.