音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

ギター講座

JIM DUNLOP JAZZ3 REDを使うとピッキングが上手くなる!その理由は?

投稿日:

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

JIM DUNLOP JAZZ3 REDとは?

JIM DUNLOP JAZZ3 RED」は、よく速弾きやテクニカル系のギタリストに愛用者が多いジャズ型のピックです。

わたくしもこの赤のJAZZ3の愛用者の1人です!

JAZZ3にも色んな種類があって、その中でもこのナイロン製である赤いJAZZ3は、まだピッキングが上手くできない初心者~中級者にとてもオススメなピックだと個人的に思います!

その理由を解説していきたいと思います。

 

JIM DUNLOP JAZZ3 REDを使うとピッキングが上手くなる?

なぜ、初心者~中級者にオススメなのかと言うと、このJAZZ3赤はピッキングが上手くできていない場合、ピックが削れていくにつれどんどん弾き心地がザラザラしてきて弾き心地が悪くなってきます。

対して、ピッキングが上手くできている場合、ピックが削れてきても弾き心地がザラザラすることはなく、弾き心地もある程度良い状態をキープすることができます。

つまり、

弾き心地が良い状態をキープできるピッキングフォームを見つける=ピッキングが上手くなる

ということになります。

JAZZ3赤の弾き心地は、ピッキングを習得する上で大きな指標になるのです!

 

JIM DUNLOP JAZZ3 REDで実際にピッキングが上手くなったわたくし!

わたくしは元々右利きのギターを弾いていましたが、数年前にレフティに転向しまして、言わば2回ギター初心者を経験しています。

レフティギターの練習でピッキングを習得する際に、このJAZZ3赤で毎日練習し、弾き心地が悪いなぁと感じたらピッキングのフォームや振り方を修正するという作業を何度も繰り返し、弾き心地が良い状態をキープできるピッキングフォームを完成させることができました。

 

このJAZZ3赤ですが、新品の状態だとピックの周りにバリがある個体が結構あるのですが、これは使っている内に削れて無くなります。

このバリも、ピッキングが上手くできていれば演奏する上でそこまで気になりません。

バリが弾き心地に影響すると感じる場合は、ピッキングが上手くできていない証拠です。自分のピッキングを見直してみましょう!

 

まとめ

このように、JAZZ3赤の弾き心地を意識してギターの練習をすることはピッキングが上手くなることに繋がります。

当方、色々なピックを使ってきましたが、このJAZZ3赤ピッキングの良し悪しで弾き心地に最も影響が出るピックだと思います。

これは一見デメリットにも思いますが、ピッキングの質を向上させたいというギタリストにとっては良い指標になる素晴らしいピックだと思います。

ちなみに、「Jim Dunlop U.S.A」と書いてある方を上にして握ると、ピッキングの良し悪しで弾き心地に影響が出やすいのでオススメです!

よかったら試してみて下さいね~~!

 







-ギター講座

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.