音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

ギター講座

ギターやベースをネットで安心して購入して良い3つの理由。

投稿日:

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

ギターやベースをネットで買いたいけど、少し不安・・・

ギターやベースをネットで買うのって、なかなか不安に思いますよね。

届いたギターの状態が悪かったり、音がイメージと違ったり・・・そんなことが起こらないかちょっと怖いですよね、、、

ですが、ネットでギターやベースを買うのって、意外と安心なんです!

 

ネットで買うメリット

①欲しいものが見つかりやすい。

近所の楽器屋さんだけだと、当然品揃えも少なくて自分が欲しいギターやベースが見つかる可能性は低いですよね。

ですが今の時代、ネットなら全国各地の楽器屋さんから取り寄せることができるので、当然自分が欲しいギターに出会える可能性は高いです!

 

②安いものを探して購入できる。

楽器を買うなら当然できるだけ安いものを買いたいですよね!

同じモデルのギターでも、お店によってお値段が全然違ったりしますので、安いお店を探し出して購入することができます!

 

ネットで買うデメリット

①状態が悪いものが届く可能性がある。

ネットで買いますので、当然自分の目で状態を直接確かめることができるのは買った後になってしまいます。

買ってから、ネックの状態が反っていたり、ねじれていたりということがある可能性もゼロではないのです。

 

②買う前に試奏できない。

ネットで買うので当然試奏もできません。

試奏ができないので、届いてから弾いてみると自分のイメージしている音と違う可能性もあります。

 

それでもネットで安心して購入して良い理由!

メリットも大きいですが、デメリットもあるというネット通販ですが、このデメリットはそこまで心配する必要はありません。

大きく理由は3つあります。

 

①初期不良の場合、配送料無料で返品できる。

届いてから明らかに状態がおかしい場合、ほとんどのお店で返品が可能です!しかも送料無料で!

ですので、そこまで神経質になる必要はないのです!

 

②量産品であれば個体差は少ない。

よく同じモデルのギターでも音が違うと言いますが、今の量産技術ならギターやベースの個体差はほとんど無いと思います。

同じギターでの当たりはずれはほぼ無いと言っても良いでしょう。

 

③新品ならある程度の品質は期待できる。

変なお店でなければ、しっかりとした管理下でギターやベースは取り扱われておりますし、ちゃんと検品されたものが店頭に並んでおりますので、新品で売られているギターやベースであれば、ネックの状態など著しく悪化しているものはほぼ無いと思います。

しかし、注意が必要なのは中古の楽器です。

中古の場合、楽器店のように常に管理された状況下ではなく、様々な環境にさらされたギターやベースになりますので、状態は必ずしも良いとは限らないのです。

ですので、中古の楽器をネットで購入する場合、楽器の状態の説明をしっかりと読んで、気になる部分があれば直接問い合わせることをおすすめします。

 

まとめ

このように、ネットでギターやベースを買う際は、初期不良などの問題があった場合、配送料無料で返品可能ですので安心して購入することができますね!

ただし、より満足いく買い物にするために、目的の楽器の動画などを見たりして音を事前にチェックしたり、商品の説明をよく読んでおいた方が良いでしょう。

これらのことに気をつけておけば、ネット通販はほぼメリットばかりです!なにより、目的のギターやベースが見つかりやすいというのはかなり大きいですね!

良いギターやベースに巡り会えるように、ネットをフルに活用していきましょう!







-ギター講座

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.