ギター講座

指板材エボニーってどんな木材?ローズウッドと比べるとどう違う?

ギター、ベースの指板材「エボニー」とは?

どうも、音楽理論.com管理人のマユシマでございます。

今回のテーマはギターやベースの指板材「エボニー」でございます。

エボニーはどちらかと言うと、高級なギターによく使用されているイメージがありますね!

エボニーは東南アジアが主な産地となっております。

 

「エボニー」の特徴は?

エボニーは色が漆黒で、比重が重く、非常に硬い木材です。

密度の高い木材で、きめの細かい木理で断面が非常に滑らかなのが特徴です。

ただし、乾燥には弱く、割れ、反りが生じやすい木材でもあります。

指板材として最も使用されているローズウッドよりも高価な木材です。

そのため、エボニーは高級ギターによく使用されるんですね!

 

「エボニー」の使用箇所は?

エボニーは主にギターやベースの指板材として使用されます。

高級機種のギターやベース用の指板としてよく使用されます。

ギブソンのレスポールなどの指板材として使われることが多いです。

エボニーは市場価値の高い木材ですが、高級指板として有名なハカランダ(ホンジュラスローズウッド)の方が市場価値が高いです。

 

「エボニー」の音の特徴は?

エボニーはローズウッドよりも硬い木材のため、音の特徴としてはローズウッドの甘い音質に比べ、硬質でアタック感があるのが特徴です。

また、エボニーは硬質で比重が重いため、サスティンがよく伸びるのも特徴です。

硬質で強度が高いため、エボニー指板はネックの強度を高めます。

強度の点では、特にベースのネックでエボニーは有利です。

しかしローズウッドに比べると、吸水性が劣るため、割れ反りには注意が必要です。

そのため、温度、湿度など保管環境には気を使う必要があります。

 

まとめ

わたくしもエボニー指板のレスポールを所有しておりますが、ローズウッドと比べると表面がツヤツヤでとても滑らかで漆黒の見た目がとにかくかっこいいです!

メイプル、ローズウッド、エボニーと指板にも色々ありますが、指板はギターを弾く上で常に目に入る部分なので、指板の違いってギターを弾く上で気分が結構変わるんですよね。

まず色が違うので指板の見え方も違いますし、触った質感も違いますし。

ギターって面白いですね!

エボニー指板のギターの購入を考えている方、ぜひぜひ参考にしてみてくださいませ(^^)!

こちらの記事もよく読まれています

-ギター講座