音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

ギター講座

ギターの音は値段に比例する?エレキとアコギではどちらが差が大きい?

投稿日:

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

ギターは値段が上がれば上がるほど音は良いの?

ギターのお値段ってピンきりで、安いものなら1万円以下からありますし、高いものなら数百万円クラスのものまでありますよね!

ですが、そんなにお値段が高いほど音は良いの?というような疑問を持っている方は多いと思います。

この答えはズバリ・・・ほとんどの場合、高ければ高いほど音は良いです!笑

しかし、ギターがエレキギターか、アコースティックギターかで音の良さの幅が大分違います。

 

エレキギターの場合

エレキギターは値段が上がれば上がるほど音が良くなるのは間違いないのですが、劇的に音が良くなるかと言われればそこまでではありません。

エレキギターの音は、

エレキギター+アンプやエフェクター=エレキギターの音

ですので、エレキギターの音はアンプ、エフェクターの要素も大きく影響するため、エレキギター本体が音へ与える影響はそこまで大きくないのです。

 

アコースティックギターの場合

対して、アコースティックギターの場合ですが、エレキギターに比べれば値段が上がれば上がるほど音の良さにも大きく影響してきます!

アコースティックギターはエレキギターと違って、弾いた音がダイレクトに耳に伝わりますよね!

そのため、ボディやネックの木の鳴りがとっても音に影響するのです。

値段が上がれば上がるほど、当然良いボディ材ネック材が使われるので、その分音も良くなります。

それはエレキギターも同じことですが、エレキギターの場合は音が電気信号に変わってしまうので、木材の良し悪しが音に与える影響はアコースティックギターに比べると小さいのです。

 

まとめ

以上の理由から、エレキギターよりもアコースティックギターの方が、値段が上がれば上がるほど音は良くなります!

逆に言えば、エレキギターのほうが、値段がそこまで高くなくても良い音がするギターが多いとも言えますね!

ギターの値段は、プレミアが付いて高くなっている場合も多いので、一概には言えない部分もありますが、基本的にはエレキギターとアコースティックギターはそんな感じです!

ギターを購入する際は参考にしてみてくださいね~~!







-ギター講座

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.