音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

機材 ギター ピックアップ ポット 改造

シングルサイズハムバッカーのポットは250kΩ?500kΩ?

投稿日:

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

シングルコイルとハムバッカーのポットの抵抗値

エレキギターに取り付けられているポットは、基本的に抵抗値が250kΩ500kΩのポットが取り付けられています。

テレキャスターなどは例外的に1MΩのポットが使われているものも存在します。

この250kΩ500kΩのポットは、基本的には以下のように使い分けられます。

  • シングルコイルピックアップには250kΩのポットが使用される。
  • ハムバッカーピックアップには500kΩのポットが使用される。

 

ポットの抵抗値でギターの音はどう変わる?

ポットの抵抗値の違いはギターの音質に影響を与えます。

  • 抵抗値が高い高域が良く出る
  • 抵抗値が低い高域が削られる

シングルコイルは高域が良く出るピックアップですので、それを補正する形で250kΩが使用され、ハムバッカーはシングルコイルよりも高域が出ないピックアップですので、それを補正する形で500kΩのポットが使用されるのです。

 

シングルサイズハムバッカーはどちらの抵抗のポットを使用すれば良いのか?

では、シングルサイズハムバッカーには250kΩ500kΩ、どちらのポットを使用すれば良いのでしょうか?

 

シングルサイズハムバッカーは250kΩのポットで使用することを想定して作られている!

以下はSeymour Duncanのシングルサイズハムバッカーの配線図です。

ご覧のように、250kΩのポットになっていますね!

これはおそらく、SSS配列の一部のピックアップだけをシングルサイズハムバッカーに変える場合が多いため、250kΩを使用する前提で考えられていると推定されます!

500kΩ前提で作られている場合、例えばリアだけをシングルサイズハムバッカーに交換し、ポットも500kΩに交換してしまうと、元々ついているフロントとセンターのピックアップの音質が変わってしまいますよね

ただし、メーカーによって違いはあるかと思いますので、使用するシングルサイズハムバッカーによって使い分ける必要があるでしょう。

 

シングルサイズハムバッカーに500kΩのポットを使ってはいけないのか?

かと言って、シングルサイズハムバッカーに500kΩのポットを使ってはいけないかと言うと、全くそんなことは無いです

 

シングルサイズハムバッカーでストラトらしさを残したい時、500kΩを使用し、ハイパスコンデンサーをつけよう!

以下は、わたくしが所有しているシングルサイズハムバッカーをフロント、センター、リア全てに使用しているギターです。

こちらには500kΩのポットを使用しています。

なぜ500kΩのポットを使用しているかと言いますと、歯切れの良いストラトの高域を残したまま、ハムバッカー特有の出力が高い音が出るギターにしたかったからです!

これに加え、ハイパスコンデンサーを付けることで、さらに高域が出るように改造しています!

 

実際弾いてみると、高出力でかつノイズも少なく、ストラトらしい高域も持ち合わせている音が出ます!特に、ギターのボリュームを少し絞った状態だとさらにストラト感が強くなります!

この改造をする際は、出力がそこまで高くなく中域が抑えめで高域が良く出るタイプのシングルサイズハムバッカーを選ぶと、ストラト感がより強くなります

 

まとめ

シングルサイズハムバッカーのポットは、自分がどんな音を出したいかでチョイスすると良いでしょう!

  • ストラトでハムバッカーの音を出したい場合、250kΩのポットを使用する。
  • シングルサイズハムバッカーでストラトらしさを残したい場合、500kΩを使用し、さらに高域を出したい場合ハイパスコンデンサーを使用する。

このように使い分けると良いでしょう。

良かったら是非是非、参考にしてみて下さい!







-機材, ギター, ピックアップ, ポット, 改造

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.