音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

機材 エフェクター

Skreddy Pedals P19ってどんな音?Pete CornishのP-1、P-2に似ている!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

久々の大きめなお買い物!

以前から欲しいな欲しいな~~って思ってた念願のコイツがやっと手に入りました!!

箱の中身は何でしょな?

これです!

ジャジャジャジャーン!!

出ました!「skreddy pedals p19」です!!

これずーーーっと欲しくて、ここ1年くらい中古市場を常にチェックしていたのですが、やっと中古で発見したのです!

新品で取り寄せると3万以上するので、中古で安く出てきたら買おうと思っていたのですが、なかなか市場に出回らないエフェクターなんすよね。

それが15000円で発見したので、買うしかない!と思い、購入してしまいました!

中古でしたが、見た感じほとんど使用感が無くて、とっても綺麗で大満足(*^^*)!笑

 

Skreddy Pedals P19とは?

Skreddy Pedalsというメーカーが発売している歪み系エフェクターです!

マフ系ファズで有名なPete CornishのP-1、P-2を元にして作られたファズペダルとのこと。

Civil War期のBig Muff系のファズサウンドで、いわゆるヴィンテージロシアンマフ系の音らしいです。

 

【レビュー】Skreddy Pedals P19

【コントロール】
SUSTAIN:歪みの量
VOLUME:音量
TONE:音質
MIDスイッチ:Humpにすると中音域アップ

ファズとは言っても、ブーミーな感じは無く、ブリッジミュートで潰れてしまうようなことはありません。

非常に歯切れの良い、ディストーションに近いファズという印象。

非常にクリアな高音域で、かつ上質な中低域を持ち合わせています。

Humpにスイッチを切り替えることで、厚みのあるトーンになり、またサスティンもよく伸びるので、リードギターを弾くととても気持が良い!

そして、驚くほどノイズが少ない!!SUSTAINつまみを最大まで上げても、ノイズは少ないです!これには本当にビックリしました!

歯切れの良いファズなので、歪ませてバッキングリフを刻むのにも十分使えます!

トゥルーバイパス仕様なのもありがたい!

 

あまり知られていないエフェクターですが、とにかく上質なエフェクターです!大満足なお買い物でした♪

 







-機材, エフェクター

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.