ギター講座

ギター材「ココボロ」ってどんな木材?音の特徴は?

ギター材「ココボロ」とは?

どうも、音楽理論.com管理人のマユシマでございます。

今回のテーマは、ギター材「ココボロ」でございます。

そんなに聴き馴染みのない木材ですね。

どちらかと言うと高価なギターに使用される木材というイメージですね。

ココボロは中米~南米が主な産地です。

 

「ココボロ」の特徴は?

ココボロはよくハカランダ(ブラジリアンローズウッド)に近い木材と言われています。

木材の特徴としては、非常に堅く、重量が重い木材です。

そのため、非常に耐久性の高い木材なのですが、乾燥などで割れが生じやすい木材でもあります。

 

「ココボロ」の使用箇所は?

ココボロは、主にギターやベースの指板に使用されます。

また、ボディのトップ材などでもよく使用されます。

冒頭にハカランダ(ブラジリアンローズウッド)に似ている木材とご紹介しましたが、ギター材としてもハカランダ(ブラジリアンローズウッド)の代用として使用されることも多いです。

 

「ココボロ」の音の特徴は?

ココボロの音は、堅くて低音域が豊かで、太くて温かみのあるサウンドが特徴です。

アタック感もあり、サスティンにも定評がある木材です。

基本的な音の特徴としてはローズウッドに近い感じです。

 

まとめ

あまりお目にかかることが少ない「ココボロ」を使用したギターですが、どちらかというとアコースティックギターに使用されていることが多いような印象です。

ネットショッピングで「ココボロ ギター」で調べると、値段が何十万円とかするギターばかりで、中には100万円を超えるギターもありました。

なかなかわたくしにとっては高嶺の花なギター材でございます。^^;笑

いつかココボロを使用したギターを買ってみたいものです。。。

ココボロを使用したギターの購入を考えている方、是非是非参考にしてみてくださいませ!

ではでは~!

こちらの記事もよく読まれています

-ギター講座