音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

機材 ギター ピックアップ 改造

テスターを使わずにピックアップの導通を確かめる方法!

投稿日:2018年2月20日 更新日:

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

中古のピックアップを購入したらまず確認することは?

楽器店やヤフオク、メルカリなどでギターやベースのピックアップを購入したら、まずはやはり、音がちゃんと鳴るかチェックしておいた方が良いでしょう。

せっかく半田付けを終わらせたのに音が出ない!なんてことになったら、その原因を究明するのも面倒ですし、もともと断線などしていて壊れていた場合、その作業時間自体が無駄になってしまいますよね!

なにより、手を加えてしまうと、もし不良があった場合に返品対応してもらえない可能性もあります。

 

ピックアップの導通を確かめるには?

ピックアップがちゃんと動作するか確認するには、「テスター」と呼ばれる電圧電流抵抗などを測定するもので確かめることができます。

 

しかし、なかなか一般家庭には置いてないですよね!笑

 

テスターが無いけどピックアップの導通を確かめたい!!

そんなテスターが無くても、ピックアップの導通を確かめる方法をこれからご紹介します!

 

用意するもの

  • アンプ
  • シールド
  • 導通を確かめたいピックアップ
  • ドライバー

以上4つを用意しましょう!

 

手順①アンプのINPUTにシールドを挿す

 

手順②シールドの先端にピックアップのHOT、根本にCOLDの線を当てる

 

手順③ピックアップのポールピースにドライバーを軽く当て、アンプから音が出るかチェックする

コツっと、ドライバーをピックアップのポールピース(表面に出ている丸い金属部分)に当ててみましょう。

ピックアップがこれに反応してアンプから音が出ればOKです!

 

これならテスターを使用しなくても、ピックアップからちゃんと音が出るかチェックすることができます!

用意するものも、ギターやベースをやっている人なら誰でも持っているはずなので、新たに用意するものも特に無いですね!

是非是非、良かったらみなさんも試してみて下さい!







-機材, ギター, ピックアップ, 改造

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.