音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

機材 ギター

MusicBankerのストラト

投稿日:2017年11月15日 更新日:

Pocket
LINEで送る

こちらはMusicBankerとか言う、伊藤楽器というお店の安いギターを改造したものです。

この指板の木目に惹かれて買ってしまいましたw

テラカッコヨス!!

16000円くらいだったかな?

メイプルネックでボディ材はバスウッドと思われます。

ヘッドのロゴはシールだったので、擦って剥がしちゃいましたw

元はこんな感じ↓

まぁ普通ですなw

作りは正直さすが安物って感じで、裏のトレモロスプリングをかけるネジの位置が悪くて一回抜いて新たに穴を開け直しましたw

音も、正直このままだとペラッペラの音だったので、サーキットまるごと総とっかえしました!

ピックアップはFENDERのTEX MEXってやつで、ポットはCTSの250kで、トレモロスプリングを固いやつにして・・・

とにかく総とっかえw

あとは、ピックガードのうらにアルミシート貼り付けて、ボディのザグリに導電塗料を塗って、ノイズ対策してあります。

導電塗料塗ると、ハイ落ちしてしまうので、ハイパスコンデンサを付けて高域をカバーしてあります。

ノイズはほんとに少なくなりました!ハムノイズほぼゼロ!そこらのハムバッカーのギターよりもノイズは少ないです。

ハイパスコンデンサのお陰で、しっかり高域も出て、ストラトっぽさも完璧です!むしろテレキャスに近いかも分からんねw

音は、個人的にはほんとにすこ!!笑

特に、CTSのポット付けると、低音が出て、音に圧が出るというか、深みが出るというか。とにかく良い!

ボディ材がバスウッドなんで、低音ペラペラなのは仕方ないかなぁ、って思ってたけど、ポット変えるだけで大分違いますね。

アルダーと比べるとバスウッドは中域がそんなに出ないんですが、むしろそれがギター本来のフラットな音なのではと思いました。

もっと改造しまくりたかったのですが、レフティ用のパーツってほとんど売ってないからなかなかできんとです(´;ω;`)

断念せざるを得んとです(´;ω;`)

ギターを改造すると愛着が湧いて良いですよねw

カワイイーーー!!!笑

そんなギターですw







-機材, ギター

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.