音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

管理人日記

靴底に穴が開いた時の雨水が中に染みてこない対処法!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

染みていたもの、それは・・・

今日、仕事の帰り道、雨がパラパラと降っておりました。

雨が降ると、なんだか憂鬱な気分になります。

それはなぜかと言いますと、ズバリ、靴に穴が開いているから!!笑

 

仕事に履いていく革靴の底から雨水が染みてくるわけです。。。

じわぁ~~っと染みてくるのです。゚(゚´Д`゚)゚。

水たまりを避けて歩いていても、自然と足の裏がひんやりしてくるのです(´;ω;`)

 

革靴の底から水が染みてこないようにするためには?

その状況を打破するべく、色々と打開策を考えてみました。

  1. 革靴を修復する。
  2. 新しい革靴を買う。
  3. 靴下の上にビニールを装着し、革靴を履く。

 

①革靴を修復する。

これはまず、2パターン考えられます。

  1. プロの靴修理屋さんにお願いする。
  2. 自力で直す。

まず、この2つを選択するにあたり、考えなくてはいけないのが、履いている革靴にどれだけ愛着があり、お金をかけて直すほど価値のあるものなのかどうかということです。

わたくしが履いている革靴は、安物の全くもって愛着がない物でございます。

てなわけで、修理屋さんにお願いするという選択肢は無くなりました。

 

そして、自力で直すという選択肢。

これは、手間と労力が結果に伴うかが重要な問題になってきます。

まず、靴を直す知識がゼロのわたくしでありますが故、自力で直したとしても結果が伴わない可能性大です。

てなわけで、この選択肢も却下。

 

②新しい靴を買う

これも、あと一週間くらいで革靴を履く必要が無くなるので却下( ー`дー´)キリッ!

 

靴下の上にビニールを装着し、革靴を履く。

これに関しては、お金もかからず、なおかつ靴下に雨水が染みてくる可能性はありません!

お金もかからず、わたくしにピッタリの対処法ですな!

てなわけで、わたくしはこれから靴下の上にビニールを装着した後、革靴を履くことに致します!

 

まとめ

  1. 愛着のある靴は修理する。
  2. お金に余裕があれば買い換える。
  3. お金も愛着もない場合は靴下の上にビニールを装着する。

みなさんもそれぞれに合った対処法を選択しましょう!

ではでは!笑

 







-管理人日記

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.