カテゴリー BEHRINGER メーカー オーバードライブ/ブースター ディストーション

BEHRINGER GDI21 V-Toneをレビュー!どんな音?どんな人におすすめ?

BEHRINGER GDI21 V-Toneレビュー!

BEHRINGER GDI21 V-Toneとは?

今回はBEHRINGER(ベリンガー)のアナログギターモデリングプリアンプ/DI(ダイレクトボックス)「BEHRINGER GDI21」を私が実際に使用してみた感想をご紹介していきたいと思います。

BEHRINGER GDI21は3つのギターアンプのモデリングが搭載されており、さらに3つのゲインモード、3つのマイク位置シミュレートを組み合わせて幅広い音作りすることができます。

BEHRINGER GDI21は「TECH21 SansAmp GT2」のコピーとも言われていて、アンプのモデリングは下記の通りになっております。

  • TWED:Fender系
  • BRIT:Marshall系
  • CALIF:MESA BOOGIE系

ダイレクトボックスとしてレコーディングに使用したり、アンプのセンドリターンにプリアンプとして接続したりと、様々な用途で使用できます。

 

BEHRINGER GDI21レビュー!

では、私が実際にBEHRINGER GDI21を使用してみて感じたことをレビューしていきたいと思います。

私が特に気になった部分を項目ごとに解説していきます。

 

クリーンから深い歪みまでどの音もクオリティが高い

BEHRINGER GDI21は3つの音色のモードがありますが、どの音もクオリティが高く素晴らしいです。

全体的な音の特徴としては、まるで真空管アンプで弾いているかのようなコンプレッション、音の太さ、音圧で、トランジスタアンプでも真空管アンプのような音を出すことが出来ます。

個人的には特にTWEDモードクリーン~クランチの音が弾いていてすごく気持ち良くてお気に入りです。

またトーンつまみの効きも良くて、様々なキャラクターのサウンドを作ることができ、音作りの幅が非常に広いペダルです。

 

TECH21 SansAmp GT2に似ているが、本家より多機能

BEHRINGER GDI21TECH21 SansAmp GT2のコピーと言われていて、よく比較されているですが、個人的には本家よりも劣っている点はほとんどなく、むしろ本家よりもよく歪みますし、全体的にブライトなサウンドで音抜けも良いので、全く劣っていないと思います。

また、TECH21 SansAmp GT2にはないダイレクトボックスとしての機能が搭載されていて、機能面でも本家より優れています。

 

コストパフォーマンス高過ぎる

BEHRINGER GDI21圧倒的な低価格にもかかわらず、音質や機能面でのクオリティが非常に高いです。

本家のTECH21 SansAmp GT2を数台買えるほどのコストパフォーマンスの高さです。

この価格でこれほど様々な音を作れて多機能ということで、できることが多い非常に優秀なエフェクターです!

 

BEHRINGER GDI21はこんな人におすすめ!

  • 1台のペダルでクリーンから深い歪みまで色々なクオリティの高い音を出したい人
  • 真空管アンプで弾いているかのような感覚で演奏できるペダルが欲しい人
  • 歪みペダルとしてもダイレクトボックスとしても使用できる優秀なペダルが欲しい人
  • 低予算でTECH21 SansAmp GT2のような、もしくはそれ以上のクオリティを兼ね備えたペダルが欲しい人

上記でような方にBEHRINGER GDI21はおすすめです!

 

まとめ!

BEHRINGER GDI21は本当に低価格で多機能で、色々なクオリティの高いサウンドと機能を併せ持っていますので、ギター初心者から上級者まで色んな方におすすめなペダルです。

操作性も良いので、初心者の方には音作りの勉強にもなってとてもおすすめだと思います!

そんなBEHRINGER GDI21、一度試してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もよく読まれています

-カテゴリー, BEHRINGER, メーカー, オーバードライブ/ブースター, ディストーション