カテゴリー メーカー ディストーション SUHR

SUHR Riot Distortionをレビュー!どんな音?どんな人におすすめ?

Riot Distortionレビュー!

SUHR Riot Distortionとは?

今回は SUHR(サー)のディストーションペダル「SUHR Riot Distortion」を私が実際に使用してみた感想をご紹介していきたいと思います。

SUHR Riot Distortionは大型のスタックアンプ弾いているかのようなサウンドで、さらにチューブアンプで歪ませているかのように弾き手のピッキングニュアンスが敏感に反映されます。

まさに、アンプ直で演奏しているような感覚になるというディストーションペダルです。

 

SUHR Riot Distortionレビュー!

では、私が実際にSUHR Riot Distortionを使用してみて感じたことをレビューしていきたいと思います。

私が特に気になった部分を項目ごとに解説していきます。

 

マーシャル系スタックアンプのようなサウンド

SUHR Riot Distortionの音色はハイミッドが強調されたマーシャル系の歪みという印象を受けました。

歪みの質は細かく、歪みを多くしても低音が潰れたりしないのでとても扱いやすいディストーションペダルです。

音圧音抜けも良く、バッキングからギターソロまで対応できる万能性も持ち合わせています。

コンパクトエフェクターにもかかわらず、マーシャルアンプの箱鳴り感を感じることができ、これは他のコンパクトエフェクターの歪みペダルにはなかなか真似できないなと感じました。

また、18V電源で使用すると音にハリが出てクリアになる感じがして、個人的には18V電源で使用したときの方が好みでした。

 

チューブアンプ並みのピッキングの追従性の良さ

SUHR Riot Distortionピッキングの追従性も良く、まさにチューブアンプで演奏しているかのような感覚で演奏することができます。これも他の歪みペダルにはなかなか真似できない部分だと思います。

 

クランチ~オーバードライブ~ディストーションまで幅広く対応

SUHR Riot Distortion歪みの幅が広く、クランチ~オーバードライブ~ディストーションまで幅広い音作りが可能です。

しかもその歪みはつまみがどの位置でも大体良い音が出るので、音作りが非常にしやすいです。深く歪ませたハードなバッキングはもちろん、軽く歪ませたカッティングにも対応できます。

 

ノイズが少ない

SUHR Riot Distortionノイズが少ない点も素晴らしいと思いました。

ハードめに歪ませてもノイズは抑えられますし、またスイッチングノイズが少ないのもライブなどではありがたいですね。

 

チューブアンプ、トランジスタアンプどちらにも合う

SUHR Riot Distortionチューブアンプトランジスタアンプ両方で使用してみましたが、どちらも良い音で演奏することができました。

また、シングルコイルハムバッカーのギターそれぞれで弾いてみましたが、どちらのピックアップでもそれぞれの良さを活かしたサウンドになりますので、ギターやアンプを選ばず、機材の良さを活かした音作りができる素晴らしい歪みペダルだと思いました!

 

SUHR Riot Distortionはこんな人におすすめ!

  • マーシャル系の上質な歪みペダルが欲しい人
  • チューブアンプを弾いているかのような歪みペダルが欲しい人
  • 歪みの幅が広く、幅広いジャンルに対応できる歪みペダルが欲しい人
  • どんなギターアンプにもマッチする歪みペダルが欲しい人

上記のような方にSUHR Riot Distortionはおすすめです!

 

まとめ!

SUHR Riot Distortionはとにかく音がアンプライクな迫力のある音で、歪み幅も広いので非常に万能でクオリティの高い歪みペダルだと思いました!

またアンプを選ばないので、スタジオやライブハウスによって置いてあるアンプが違うような場合でも、臨機応変に対応できるという点も非常に素晴らしいと思いました。

SUHR Riot Distortionの購入をお考えの方、よろしければ参考にしてみてくださいませ。

こちらの記事もよく読まれています

-カテゴリー, メーカー, ディストーション, SUHR