カテゴリー メーカー オーバードライブ/ブースター Fulltone ディストーション

Fulltone OCDをレビュー!どんな音?どんな人におすすめ?

Fulltone OCDレビュー!

Fulltone OCD Obsessive Compulsive Driveとは?

今回はFulltone(フルトーン)のオーバードライブの名機「Fulltone OCD」を私が実際に使用してみた感想をご紹介していきたいと思います。

Fulltone OCDアンプの代わりになるペダルというコンセプトということで、歪ませてもピッキングニュアンスがダイレクトに反映され、アンプ直で弾いているかのような感覚で演奏できるのが特徴のオーバードライブです。

HPモード(ハイピーク)LPモード(ローピーク)を切り替えることができ、HPモードはMarshall系、LPモードはFender系のサウンドと言われています。

 

Fulltone OCDレビュー!

では、私が実際にFulltone OCDを使用してみて感じたことをレビューしていきたいと思います。

私が特に気になった部分を項目ごとに解説していきます。

 

クリーン~ディストーションまで幅広く対応できる

Fulltone OCDは2つのモードを搭載しており、設定次第でクリーンからディストーションまで幅広い音作りができるなという印象を受けました。

HPモードはミドル~ハイが強調された太めの歪み、LPモードはクリーンブースターとしても優秀なオーバードライブサウンドです。

 

ブースターとしても素晴らしい

Fulltone OCDはブースターとしても非常に優秀だと思いました。

特にLPモードでのクリーンブーストは絶品です。

HPモードでブーストさせれば太く粘りのあるリードトーンを作ることができました。

クリーンブーストでもゲインブーストでもどちらの用途でも使用でき、尚且音のクオリティも高いので非常に素晴らしいと思いました。

 

チューブアンプのような上質な歪み

Fulltone OCDの歪みはピッキングの追従性に非常に優れており、そこが真空管アンプをドライブさせたかのような弾き心地で非常に素晴らしいオーバードライブサウンドだと思いました。

真空管アンプよりも真空管アンプ感が強いとさえ感じました。

音質的にはオールドマーシャルを弾いてるようなヴィンテージ感で、太く芯のあるサウンドなのでリードトーンにも十分対応できます。

 

ノイズが驚くほど少ない

Fulltone OCDはノイズが少ない点も非常に優秀です。

歪みペダルとは思えないほどのノイズの少なさで、レコーディングでもライブでもストレス無しで演奏できると思います。

 

ギター、アンプを選ばず、幅広いジャンルで使用できる

Fulltone OCDの音質的にシングルコイルでもハムバッカーでも、どちらにも合うサウンドだと思いました。シングルコイルとハムバッカーのギターで弾いてみましたが、どちらで弾いても良い音で、エレキギターの特徴をより活かすことができる音だという印象を受けました。

また、真空管アンプトランジスタアンプ両方で試してみましたが、どちらでも相性が良かったです。

どのような環境でも活躍できる優秀なペダルだと思いました。

 

Fulltone OCDはこんな人におすすめ!

  • クリーンからディストーションまで幅広くクオリティの高いサウンドを1つのペダルで出したい人
  • クリーンブースターとゲインブースター両方に対応できるペダルが欲しい人
  • シングルコイル、ハムバッカーどちらのギターにも相性が良い歪みペダルが欲しい人
  • 真空管アンプ、トランジスタアンプどちらでも相性が良い歪みペダルが欲しい人
  • 真空管アンプのようなサウンドのペダルが欲しい人

上記のような方にFulltone OCDはおすすめです!

 

まとめ!

Fulltone OCDはとにかく万能で、ブースター、オーバードライブ、ディストーションなど様々な用途で使用でき、さらにどの音も非常に素晴らしいです!

色んなプロのギタリストも愛用しているらしく、プロからの評価も高いようです。

そんなFulltone OCD、一度試してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もよく読まれています

-カテゴリー, メーカー, オーバードライブ/ブースター, Fulltone, ディストーション