カテゴリー アコギ用DI メーカー L.R.BAGGS

L.R.BAGGS Para Acoustic D.I.をレビュー!どんな音?どんな人におすすめ?

Para Acoustic D.I.レビュー!

L.R.BAGGS Para Acoustic D.I.とは?

今回は L.R.BAGGS(エルアールバッグス)のアコギ用プリアンプ/DI(ダイレクトボックス)「Para Acoustic D.I.」を私が実際に使用してみた感想をご紹介していきたいと思います。

アコースティックギター用プリアンプ/DIの大定番として有名なのがこのPara Acoustic D.I.です。

原音を忠実に音量アップし、さらにはアコースティックギターを使用してのライブで問題になるハウリングの対策にも効果を発揮してくれるプロギタリストにも愛用者が多いプリアンプ/DIです。

 

L.R.BAGGS Para Acoustic D.I.レビュー!

では、私が実際にPara Acoustic D.I.を使用してみて感じたことをレビューしていきたいと思います。

私が特に気になった部分を項目ごとに解説していきます。

 

自然な音色で音量が上がり、高品質なサウンドになる

自前のエレアコでPara Acoustic D.I.を使用してみましたが、繋いで音を出した瞬間から音のクオリティにびっくりしました!

エレアコをPA直で繋げたときと、Para Acoustic D.I.を介して繋げたときとでは、Para Acoustic D.I.を介して繋げたときの方が明らかに音質が上がります。音にハリ音圧が増し、音の存在感がグッと前に出る感じです。

 

音がエアー感のあるリアルなサウンドになる

Para Acoustic D.I.でさらに驚いたところが非常にリアリティのあるサウンドです。リバーブ無しですが、リアルな音の響きになるんですよね。残響感がリアルで、音のエアー感が増す感じです。

 

ハウリングしない

Para Acoustic D.I.を大音量でも使用してみましたが、ハウリングはほぼ皆無です。

ライブなどでの大きな会場でも安心して使用できる非常に優秀な機材だと思いました。

 

音作りしやすい

Para Acoustic D.I.で素晴らしいと思ったのが、音作りのしやすさです。

一見、つまみが多くて音作りが難しそうな印象があるかもしれませんが、極端なセッティングにしなければ、つまみがどの位置でも良い音になってくれます。

それでいて各イコライザー、ゲイン、ノッチなどの効きが良いので、自分の理想の音を作り込むことができます

特に、MIDつまみの位置で音色が大きく変化しますので、音作りの際はMIDつまみが肝になります。

音作りが苦手な方は、まず各つまみを全て真ん中に設定してみると良いと思います。各つまみ全て真ん中でもある程度バランスの良い音になってくれます。そこから自分好みにつまみを微調整していくと良いと思います。

 

宅録からライブまで多岐にわたり使用できる

Para Acoustic D.I.どのような環境でも良い音が出せるという点も素晴らしいと思いました。自宅での宅録からライブでの使用まで、どのような環境下でも安定して良い音を出すことができます。

アコースティック系の現場ならエレアコとPara Acoustic D.I.があればどんな現場へ行っても対応可能と言っても過言ではないくらいです。

 

L.R.BAGGS Para Acoustic D.I.はこんな人におすすめ!

  • エレアコでリアルで高品質な音を出したい人
  • ライブなどでハウリング対策できるアコギ用DIが欲しい人
  • 簡単な音作りでクオリティの高いサウンドを出したい人
  • 宅録からライブまでこなせるアコギ用DIが欲しい人

上記のような方にPara Acoustic D.I.はおすすめです!

 

まとめ!

エレアコとPara Acoustic D.I.があればほぼ全て完結するというくらい、Para Acoustic D.I.は名機だと感じました!

音質、機能、ともに素晴らしく、さすがロングセラーだけあるなと思いました。

プロミュージシャンにも愛用者が多いほど評価の高いPara Acoustic D.I.ですが、お値段はそれほど高いわけではなく、コストパフォーマンスに優れている点も素晴らしいですね!

Para Acoustic D.I.の購入をお考えの方、よろしければ参考にしてみてくださいませ。

こちらの記事もよく読まれています

-カテゴリー, アコギ用DI, メーカー, L.R.BAGGS