カテゴリー メーカー ディレイ MXR

MXR M169 Carbon Copy Analog Delayをレビュー!どんな音?どんな人におすすめ?

MXR M169 Carbon Copy Analog Delayレビュー!

MXR M169 Carbon Copy Analog Delayとは?

今回はMXR(エムエックスアール)のアナログディレイ「MXR M169」を私が実際に使用してみた感想をご紹介していきたいと思います。

MXR M169はデジタルでは再現できないような太くナチュラルで温かみのあるサウンドが特徴のアナログディレイです。

アナログディレイの最高峰との声も多く、アナログディレイの中でも特に人気のあるエフェクターです。

アナログディレイとしての用途だけではなく、左上のモジュレーション(MOD)ボタンを押すとアナログコーラスを付加させることができます。

アナログコーラスは裏蓋を開けるとコーラスのWIDTHSPEEDを調整することが可能となっています。

 

MXR M169 Carbon Copy Analog Delayレビュー!

では、私が実際にMXR M169を使用してみて感じたことをレビューしていきたいと思います。

私が特に気になった部分を項目ごとに解説していきます。

 

温かみのあるサウンド

MXR M169の音質ですが、アナログ特有の温かみがあり、ディレイ音がボヤけていく感じの残響感が素晴らしいです。この温かみのあるサウンドはアナログならではでクセになります。

デジタルでは残響感は再現できても、この温かみはなかなか再現できません。

 

MODボタンが素晴らしい

アナログコーラスを付加するMODボタンがおまけ程度の機能かと思いきや、これが意外にも素晴らしいです。

自然なアナログコーラスで、ディレイタイムの設定によって面白い変化をしてくれます。

 

ノイズはほぼ無し

アナログだとノイズが乗りそうなイメージがありますが、MXR M169ノイズはほぼありません

また、トゥルーバイパスで音の劣化の心配もありません。ディレイは曲中にスイッチON・OFFを切り替えることも多いペダルだと思いますので、トゥルーバイパスなのは非常にありがたいですね。

 

コストパフォーマンスが高い

アナログコーラスは値段が高いものも多く、ヴィンテージ品の名機などとんでもない価格のものもありますが、MXR M169はそれらと比べると驚くほどリーズナブルです。にもかかわらず、音質、機能ともに遜色なく、コストパフォーマンスの高さは素晴らしいの一言です。

また、ルックスもかっこ良くてボード映えして個人的にかなり好みの見た目です。

 

MXR M169 Carbon Copy Analog Delayはこんな人におすすめ!

  • 温かみのあるアナログディレイを求めている人
  • 自然な残響感のあるディレイを求めている人
  • アナログコーラス付きのアナログディレイが欲しい人
  • リーズナブルで高品質なアナログディレイが欲しい人

上記のようなディレイを求めている方にMXR M169はぴったりだと思います!

 

まとめ!

MXR M169はアナログディレイとしての音、操作性、見た目など全ての面で素晴らしいです。

個人的には現行のアナログディレイの最高峰だと思っています。

アナログコーラス機能も搭載されているにもかかわらず、サイズはコンパクトエフェクター1つ分なのも個人的に嬉しいところです。

そんなMXR M169、一度試してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もよく読まれています

-カテゴリー, メーカー, ディレイ, MXR