音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

管理人日記

箱根のユネッサンへ行って参った!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

休みを利用して箱根小涌園ユネッサンへ!

当方、人生で一度たりとも箱根へ行ったことが無かったわけでありますが、長年の念願が叶いまして、ついに箱根へ行けることになったのです!

箱根と言えばやはり温泉ですわな!!

てなわけで、「箱根小涌園ユネッサン」という、水着で入れる温泉施設へ!さらに、水着なしで入る「森の湯」という温泉ゾーンもありまして、そこも入ることに!

 

箱根小涌園ユネッサン入場料を安く済ませるには?

水着で入れる「ユネッサン」、水着無しで入れる「森の湯」、これらは同じ施設の中にあるわけですが、この2つどちらとも入りたい場合の入場料は、通常、お一人様、

  • 大人  4,100円(税込)
  • こども 2,100円(税込)

となります。大人2人なら8200円!まぁまぁのお値段ですね!笑

これを安く済ませるにはズバリ、「箱根小涌園ユネッサン ご入場引換券」を利用するのがオススメです!

 

箱根小涌園ユネッサン ご入場引換券はどこで入手できる?

この「箱根小涌園ユネッサン ご入場引換券」がどこで入手できるかと言いますと、ヤフオクメルカリなどのオークションやフリマアプリで大体1枚1000円くらいでゲットできます!

お得過ぎる!笑

そもそも、箱根に行く交通費もまぁまぁかかりますので、入場料が1人1000円くらいだとお財布事情的にもかなり助かりますよね!

 

そして、電車で箱根へ!

まずは、小田急小田原線にて、小田原まで行きーの、そこから箱根登山鉄道というものに乗り換えて、箱根湯本へ行って参りました!

箱根登山鉄道に乗り換えた途端、周りの景色が一変。めちゃめちゃ田舎になります!

そして箱根湯本!

箱根のお土産屋さんや、食べ物屋さんがたくさんあります!

ここで腹ごしらえをしようかと思いましたが、ちょうど日曜日のお昼時で食べ物屋さんはどこも長蛇の列!!笑

腹ごしらえは諦めました!笑

 

だけどせっかく来たので、箱根名物と名高い「塩辛コロッケ」をいただくことに!

1個150円とかなりリーズナブル!

注文すると、番号札を渡され、2、3分待つスタイルのお店でした!

注文が入ってから作っているからでしょうか?

どうせなら揚げたてを食べたいので、それはそれでありがたいですな!

 

そして出来上がった塩辛コロッケがこれです。

ドーナツのような形のコロッケです。

そして一口パクリ・・・

 

・・・バリうまし!!

 

中身はとろとろジューシーな塩辛風味のジャガイモペーストのような感じになっています!

固形物は入っておらず、ジャガイモペーストのみ。

今まで食べたジャガイモで一番美味しかったかも分かりません!!笑

とにかく、この塩辛コロッケを食べられて大満足でござんした!笑

 

箱根登山鉄道で小涌谷へ!

箱根湯本から箱登山鉄道で小涌谷まで行くことに!

低速でどんどん山を登っていきます!

山を登って行くにつれて、どんどん絶景が広がっていきます!

御覧くださいこの絶景!!

・・・笑

シャッターを切った瞬間、トンネルへ。。。笑

 

そんなこんなで苦労して取った写真がこちら!!

ぱ、ぱねぇ!!この絶景ぱねぇ!!

 

そんなこんなで、大自然の風景を眺めつつ、小涌園へ到着。

小涌園から出ているバスに乗り込み、2分くらいでユネッサンに到着致しましつぁ!!

 

やっとこさユネッサン到着!

来ましたユネッサン!

こんな感じの建物です!

とりま、受付して早速水着ゾーンの温泉へ入ることに!!

バーコード付きのロッカーの鍵の付いたリストバンドを渡されます。

このバーコードを読み取ってもらって、中でご飯や飲み物も買えるという画期的なシステム!

 

水着で入る温泉へ!!

ロッカーで水着に着替え、いざ入浴!!

温泉というより、温水プールといった感じでしょうか。

プールの塩素系の香りが漂ってきます!

しかし中には様々な種類の温泉が!

  • ワイン風呂
  • チョコレート風呂
  • コーヒー風呂
  • 酒風呂
  • 緑茶風呂
  • ドクターフィッシュ足湯風呂

この日はとにかく寒くて、水着でいる事自体寒すぎたので、速攻湯船に浸かりました!!

暖かくて気持ち良すぎました(*^^*)!!

しかし、一度湯船を出ると地獄。身体が寒さで冷えて((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルってなります!笑

そんで、お客さんの半分くらいは海外のお客さんでした!

お店の人も、海外の方が多くて、なんだか異国の地へ来た気分になりますた!笑

 

コーヒー風呂、チョコレート風呂、ワイン風呂に入る時の注意点!

これらのお風呂に入る際は1つ注意点があります。

 

白い水着は染まる可能性大!!

 

気をつけることをオススメします!!笑

 

裸で入る温泉、森の湯へ!

森の湯にも入って参りました!

露天風呂です!絶景です!

箱根の絶景を眺めながら温泉に浸かることができます!

こちらには外国のお客さんはほぼいませんでした!笑

森の湯は人も少なくてまったりできます。

 

寒空の下で入る露天風呂は初だったのですが、最高すぎました!

 

そして、風呂上がりの・・・

これです!

コーヒー牛乳!!

飲む前に写真を撮ればよかったのですが、我慢できなくて先に飲んでしまいました!笑

これが究極に美味すぎました(*^^*)!

温泉入った後の、ポカポカした身体にコーヒー牛乳が一気に染み渡る瞬間の身体の状態すこ!!笑

気持ち良すぎる!

 

そして帰路へ・・・

そしてわたくしは箱根を後にしたのでした。

2時間以上かけて家に帰ったわけですが、帰る頃には身体はキンキンに冷え切り(湯冷め)、地獄のような帰り道でござんした。。。

そんな天国から地獄の箱根旅。なんだかんだ最高の思い出になりました!笑

またいつか、ゆっくり箱根を満喫してみたいものです!もうちょっと暖かい時期に!笑

 

ちゃんちゃん♪(ドミナント→トニック)







-管理人日記

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.