ギター講座

ギターのチューニングで気をつけるべきポイント!最後は自分の耳で合わせよう!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

チューナーを使用すれば必ずチューニングは合う?

こんにちは、音楽理論.com管理人のマユシマでございます。

今回はチューニングについて、色々と解説していきたいと思います。

チューニングを行うとき、必ずチューナーを使用するかと思いますが、100%チューナーを信用してはいけません。

自分の耳でしっかり確認を行う必要があるのです。

 

チューニングの重要性

ギターを弾く前には必ずチューニングを行いましょう。

チューニングが狂ったギターを弾き続けてしまうと、音感が確実に悪くなってしまいます。

ギターを弾く前に毎回チューニングを行っていれば、小さなチューニングのズレにも気づくことができるのです。

 

精度の高いチューニングを行うための3つの条件

精度の高いチューニングを行うためには、以下の3つの条件が整っていなければなりません。

  1. ネックのコンディションが整っている。
  2. 弦の状態がフレッシュに保たれている。
  3. オクターブチューニングが正確にされている。

これらの要素が1つでも欠けているとチューニングの精度は落ちてしまいます。

精度の高いチューニングを行うには、まずこれら3つの条件が整った状態にギターのコンディションを保つことが重要です。

 

チューナーでチューニングを行ったら、必ず自分の耳で確認する!

精度の高いチューニングを行うためには、当然ですがチューナーを使用して1~6弦まで合わせる必要があります。

そして、更にチューニングの精度を上げるには、自分の耳での確認が重要になります。

 

自分の耳でのチューニング確認方法!

チューナーを使用してチューニングを合わせたあと、Cなどのオープンコードを弾いたり、セーハで押さえるメジャーコードなどをローポジションからハイポジションまで弾いてみて、コードの響きを確認していきます。

このとき、実際に耳で聞いて違和感を感じたら、上記の精度の高いチューニングを行う3つの条件を確認し、もう一度チューナーでチューニングしてみましょう!

これを行うことで、精度の高いチューニングを維持し続けることができます!







  おすすめトピック

 

-ギター講座

Copyright© 音楽理論.com , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.