音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

楽器・音響機器

SONY ECM-PCV80Uは超お手軽コンデンサーマイク!録音や配信など様々な用途に使える!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

SONY ECM-PCV80Uとは?

SONY ECM-PCV80Uは、パソコン用のコンデンサーマイクです!

動画を投稿する際の録音や、DTMでの録音、またネット配信など、様々な用途で使用することができます!

 

コンデンサーマイクとは?

マイクは大きく分けて、ダイナミックマイクコンデンサーマイクの2つに分けられます。

この2つの大きな違いは、電源が必要か必要でないかです。

コンデンサーマイク電源が必要なマイクになります。

 

コンデンサーマイクの特徴

  • 電源が必要。
  • 広範囲の音を拾うことが出来る。
  • 音がクリア。

大雑把に言うとこんな感じです!

 

なぜSONY ECM-PCV80Uがおすすめなのか?

では、なぜ数あるコンデンサーマイクの中でSONY ECM-PCV80Uがオススメなのか解説して行きたいと思います。

 

①値段が安い。

コンデンサーマイクは、ダイナミックマイクに比べ、少々お値段が高くなります。

そんなコンデンサーマイクの中でもSONY ECM-PCV80Uは非常に安価でお買い求めやすいのです!

 

②ファンタム電源が不要

通常、コンデンサーマイクを使用するには、コンデンサーマイクとは別にファンタム電源(コンデンサーマイクに電気を供給するもの)が必要ですが、SONY ECM-PCV80Uに関してはパソコンのUSBから電気を供給できるので、ファンタム電源が必要ありません!

そのため、配線もスッキリしますし、新たにファンタム電源を買い揃える必要も無いのです!

 

③オーディオインターフェースが不要

マイクをオーディオインターフェースを繋ぐことで、高音質レイテンシ(遅延)を最小限に抑えて録音することができます。

なぜオーディオインターフェースを使用するかというと、パソコンのマイク端子にマイクを直接繋げて録音すると、音質も悪く、かなり遅延が酷くなってしまうためです。

しかし、オーディオインターフェースも買うとなると、結構な出費になってしまいます。

ですが、SONY ECM-PCV80Uには簡易的なオーディオインターフェースが付いているので、新たにオーディオインターフェースを買い揃える必要がありません!

 

④十分綺麗に録音できる

SONY ECM-PCV80Uはこのようにお手軽でお値段も安いのですが、音質がとにかく綺麗です!

同価格帯のコンデンサーマイクと比べるとダントツではないでしょうか。

 

SONY ECM-PCV80Uはお手軽でとにかくコストパフォーマンスが高い!

SONY ECM-PCV80Uはとにかくコストパフォーマンスが高いです!

とりあえず、SONY ECM-PCV80U1つ買うだけで、他のコンデンサーマイクとは違い、ファンタム電源やオーディオインターフェースなど他に買い揃える機材も無いですし、とにかく安くてお手軽で綺麗に録音できます!

どのマイクを買おうか迷っている方、是非是非参考にしてみて下さい~!

 







-楽器・音響機器

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.