ギター講座

ピックの正しい選び方!見た目で選ぶのは厳禁!自分にスタイル合った弾きやすいピックを探そう!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

ピックを見た目だけで選んでいませんか?

どうも、音楽理論.com管理人のマユシマでございます。

今回はピック選びについて解説していきます。

 

ピックはギターを弾くに上でとても重要な道具の一つです。

それ故、ピック選びは非常に重要です。

ピックは色々な形、材質、厚さ、見た目など、様々な種類のものがありますが、ピックを見た目だけで選んでしまうのは厳禁です。

 

ピックを見た目だけで選んではいけない理由!

ピックを選ぶ際、見た目がカッコいいとか、可愛いとか、好きなギタリストが使っているから自分も使いたいなど、そういった理由で選んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そういった理由でピックを選ぶのはあまりおすすめできません。

ピックは弦に直接触れるアイテムですので、弾き心地に大きな影響を与えます。

ピックの形、材質、厚さによって、弾いたときのダイナミクスが全く異なりますし、出音も大分違いが出ます。

ですので、ピックを選ぶ際は弾き心地を重視して選ぶようにしましょう。

 

ピックの種類!

ピックは様々なメーカーから発売されており、たくさんの種類があります。

 

ピックの形は弾き心地に大きな影響を与えます。

 

おにぎり型


 

ティアドロップ型


ジャズ型


 

ホームベース型


 

サムピック


 

などなど。

ちなみにおにぎり型は3箇所で使用できるので、長く使えて経済的です。

 

材質

材質も様々な種類があります。

  • セルロイド
  • ナイロン
  • カーボン
  • べっ甲
  • ポリカーボネート
  • トーテックス
  • デルリン
  • ステンレス

などなど。

材質によって、弾き心地、削れやすさが大きく変わります。

メタルピックなどでよく使用されるステンレス製のピックは、ほぼ削れないので半永久的に使えてとても経済的です。

しかし、逆に弦が削れてしまう場合があります。

また、金属が故に弾き心地が独特で癖があるため、使用している人は少なめな印象です。

 

厚み

また、厚みによっても弾き心地が大きく変わります。

大体0.50~2.00mmくらいが一般的です。

また、厚みや材質によってピックの硬さも変わります。

 

まとめ

ピックはたくさんの種類がありますので、色々なピックを試してみて、自分のスタイルに合ったピックを探しましょう!







  おすすめトピック

 

-ギター講座

Copyright© 音楽理論.com , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.