レビューまとめ エフェクター オーバードライブ/ブースター ディストーション

Fulltone OCDの評判は?通販サイトのレビューまとめてみた!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

Fulltone OCD Obsessive Compulsive Driveとは?

どうも、音楽理論.com管理人のマユシマでございます。

今回はFulltone(フルトーン)のオーバードライブの名機「Fulltone OCD」がどのように評価されているか、ご紹介していきたいと思います。


Fulltone OCD V2.0 オーバードライブ エフェクター

 

Fulltone OCDはアンプの代わりになるペダルというコンセプトらしく、歪ませてもピッキングニュアンスがダイレクトに反映されるアンプ直で弾いているような感覚のオーバードライブです。

 

Amazon、サウンドハウスのFulltone OCDのレビューまとめ!

では、Fulltone OCDの通販サイトでの評価はどうでしょうか。

エフェクターのレビューがたくさん載っている通販サイト、AMAZONサウンドハウスのレビューをざっくりとまとめてみました!

 

音質

  • ギターの出音を素直にアウトプットしてくれるだけでなく、独特のヴィンテージ感(乾いた音色)を足してくれる。
  • HPモードは音が太く音量感もある。LPモードは大人しめな歪み。
  • ローミッドがしっかりしているので弾いてると粘り感があり、ミドルは控えめ、ハイはミドルよりはあるのでワイドレンジに感じる。よってバイパスと比べて変に削られる感じはないアンプライク。
  • ピッキングの追従もよく、ヴォリュームを絞ってクリーンアップも良い。
  • 軽歪みやクリーンブースト、ブースターなど凡用性も高い。
  • 万能なオーバードライブでクランチからディストーションまで幅広くいける。
  • ON時の弾いていない時、ノイズが歪み系と思えないほど本当に少ない。
  • クセがあまりなく使いやすい。
  • チューブアンプの歪みより良い音が出る。
  • 歪み過ぎない上質な音がオールドマーシャルを彷彿させる。

 

その他

  • Levelノブの調整でシングルにもハムにも最適なセッティングが可能。
  • ブースターとして使っているが、気持ちよくブーストしてくれる。
  • セッティング次第でどのようなスタイルにも適応する。
  • アンプはマーシャルで使うのが好みだが、JCでも良い。
  • 使い勝手は物凄く良く、様々なジャンルに対応出来る。

 

Fulltone OCDの総合評価は・・・

Fulltone OCDの評価を見ていて感じたのは、とにかく万能でブースター、オーバードライブ、ディストーションなど様々な用途で使用でき、さらにどの音も非常に評価が高い印象でした!

チューブアンプ直で弾いているような音質で、マーシャル系の音色だそうです。

色んなプロのギタリストも愛用しているということで、プロからの評価も高いようです!

 

Fulltone OCDのAmazon、サウンドハウスの総合評価を足して2で割ると…

 

星5つ中の4.45

 

プロも認める名機ということで、非常に高評価でした(2021/07/06時点)!

Fulltone OCDの購入をお考えの方、よろしければ参考にしてみてくださいませ。


  おすすめトピック

 

-レビューまとめ, エフェクター, オーバードライブ/ブースター, ディストーション

Copyright© 音楽理論.com , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.