ギター講座

エフェクターの基本配列を覚えよう!接続する順番と注意点を例ごとに解説!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

コンパクトエフェクターを適当な順番で繋ぐのは厳禁!

どうも、音楽理論.com管理人のマユシマでございます。

今回はコンパクトエフェクターの接続順について解説していきます。

エフェクターには色々な種類のものがあり、大きく音色を変化させることができますが、それぞれの繋ぎ方を誤ると音が小さくなったり、ノイズが酷くなったりして非常に演奏しづらくなってしまいます。

ですので、エフェクターの基本的な配列を覚えることは非常に重要です。

シチュエーションごとで配列が多少変化しますので、いくつかの例ごとに解説していきます。

 

シチュエーションごとのコンパクトエフェクター基本配列

では、これからそれぞれのシチュエーションごとのコンパクトエフェクターの基本的な接続順を解説していきます。

 

①コンパクトエフェクターで歪みを作るときの基本配列

これは、コンパクトエフェクターで歪ませたいときの最もスタンダードな配列方法です。

歪み系エフェクターは基本的にギターに近い位置に繋げます。

次に、コーラスやフランジャー、フェイザー、トレモロなどのモジュレーション系エフェクターを接続します。

歪み系エフェクターの後にモジュレーション系エフェクターを接続することで、綺麗にエフェクトが掛かります。

そして最後にディレイやリバーブ空間系エフェクターを接続します。

空間系エフェクター一番最後に配列するのが基本になります。

歪み系エフェクターの前に置くと、ディレイ音やリバーブで広がった音が歪んでしまい、音がグチャグチャになってしまうからです。

 

②アンプで歪みを作るときの基本配列

アンプで歪ませたいときは、モジュレーション系エフェクター空間系エフェクターをアンプのセンド・リターンに接続します。

センドリターンに組み込むことで、アンプの歪みの後ろモジュレーション系エフェクター空間系エフェクターを配置することができるのです。

コンパクトエフェクターは基本的にアンプの前で組み込むことを想定して作られているので、アンプのセンド・リターンに繋げたときに音が小さくなってしまうことがありますが、その時はアンプのセンドリターン端子の近くにあるFXレベルつまみを回して音量を調整しましょう。

 

③モジュレーション系エフェクターを粗くかけたいときの基本配列

モジュレーション系エフェクターを綺麗に掛けたいときは歪み系エフェクターの後ろに配置しますが、モジュレーション系の音を歪ませて粗粗しく掛けたい場合歪み系エフェクターの前にモジュレーション系エフェクターを配置します。

もし、コピーしている曲で同じモジュレーション系エフェクターを使っているのに何故か音が違うなと思ったときは、接続順を変えてみると音が近づく場合もありますので試してみてください!

 

④ディレイ奏法をやりたいときの基本配列

ディレイ奏法をやる際は、歪み系エフェクターの前に空間系エフェクター(ディレイ)を配置することで、音が馴染みやすくなりますので個人的におすすめな配列です。

また、あえて歪みの前にディレイを置くことで、ディレイ音が歪んで粗く掛かる効果を狙う手法もあります。

歪みの前に置いたときのディレイの掛かり方が好きだと言う人もいますので、好みで試してみると良いかと思います。

 

⑤コンプレッサーやイコライザーの基本配列

一般的にコンプレッサーは歪み系エフェクターの前イコライザーは歪み系エフェクターの後に配置します。

 

まとめ

コンパクトエフェクターの基本配列のセオリーは 歪み系→モジュレーション系→空間系 ですが、それを基本として覚え、そこからアレンジを加えたりすることで自分の狙い通りの音が出せるように工夫していけるようになるでしょう。







  おすすめトピック

 

-ギター講座

Copyright© 音楽理論.com , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.