レビューまとめ エフェクター オーバードライブ/ブースター

BOSS OD-1Xの評判は?通販サイトのレビューまとめてみた!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

BOSS OD-1X OverDriveとは?

どうも、音楽理論.com管理人のマユシマでございます。

今回は BOSS(ボス)から発売されているモダンオーバードライブ「BOSS OD-1X」がどのように評価されているか、ご紹介していきたいと思います。


BOSS Overdrive OD-1X

 

BOSS OD-1Xは音のレンジが広く、さらに太いサウンドを持ち合わせたオーバードライブです。

クリアでモダンなオーバードライブサウンドで、ギターやピックアップの特性を活かした音作りをすることができます。

また、4つのツマミで幅広い音作りが可能となっております。

 

Amazon、サウンドハウスのBOSS OD-1Xのレビューまとめ!

では、BOSS OD-1Xの通販サイトでの評価はどうでしょうか。

エフェクターのレビューがたくさん載っている通販サイト、AMAZONサウンドハウスのレビューをざっくりとまとめてみました!

 

音質

  • とても使いやすく、艶のあるオーバードライブ。
  • 軽い歪みからハードまで驚く程簡単に作れる。
  • 以前のオーバードライブと比較してレンジが圧倒的に広く、イコライザーの音色変化が絶妙でかつ効きが良いので、設定次第ではマーシャル風の音も出せる。
  • このODを買うと、他のODの出番が少なくなってしまうくらい、宣伝文句通り全音域で綺麗できめ細やかな歪みが得られる。
  • 各ツマミの可変幅も広く、色んなジャンルのODサウンドを作れてどんなセッティングでも全音域で綺麗に歪む。
  • 音の分離の良さ、弾くフレーズを不思議と立ててくれるようなサウンド追従。
  • モダンな歪みで抜けてくる、今どきのミックスされたCDで聴くようなサウンド。
  • 原音を置き去りにすることなく、そのまま素直に歪ませてくれる。
  • コード感、ダイナミクス、コンプレッション、程よい箱鳴り感、粗さとまとまりのバランス、アンサンブルでの抜け、どの点をとっても欠点が無い。
  • クランチでも、深く歪ませても一つ一つの音がしっかりしてる。
  • 他の歪み系ペダルと比較してもノイズは少ない。
  • ブースターとして、クランチとして、軽めのディストーションとして、オールラウンダーに使える。

 

その他

  • OD1、SD1、OD3の系譜を詰め込み、ここぞとばかりにデジタルで再現した様な謎めいたX。
  • レイテンシーもノイズも、デジタル的な要素は感じられないが、この整い過ぎた直系のクセのない、サウンドのまとまりと幅広さは、アナログでは有り得ない異常な優等生ぶり。
  • 幅広く、様々なジャンルで使える。
  • ピックアップの特徴をよく引き出してくれる。
  • 4つあるツマミやペダル部のスクリュー(金属)も高級感あり。
  • これは異次元。求めていたオーバードライブの上の上の上を行く。
  • 新しいジャンルを感じさせる新時代のペダル。
  • ここ数年で何台も新しいペダルを手にしてきましたが、最も衝撃を受けたペダル。
  • これ一台で数種類のオーバードライブの仕事をしてくれる。マルチで最強な万能オーバードライブ!!!

 

BOSS OD-1Xの総合評価は・・・

BOSS OD-1Xの評価を一通り見たのですが、モダンオーバードライブという謳い文句通り、一般的なオーバードライブにはないクリアで艶のあるサウンドに衝撃を受けたという声が多かったのがとても印象的でした!

ブースター、オーバードライブ、軽めのディストーションなど、多岐にわたって使用でき、しかもそれぞれの音色全てクオリティが高いという限りなくパーフェクトに近いオーバードライブです。

 

実はBOSS OD-1Xはわたくしも所有しておりまして、個人的にはクランチ気味のセッティングでストラトのフロントピックアップでジャキジャキかき鳴らすのがとにかく気持ち良いんですよね。

色んな音が出せるBOSS OD-1Xですが、BOSS OD-1XのサウンドはBOSS OD-1Xでしか出せない音なんですよね!

そこがまた特徴的で、まさにモダンオーバードライブという感じです。

 

BOSS OD-1XのAmazon、サウンドハウスの総合評価を足して2で割ると…

 

星5つ中の4.5

 

文句なしの高評価でした(2021/07/12時点)!

BOSS OD-1Xの購入をお考えの方、よろしければ参考にしてみてくださいませ。


  おすすめトピック

 

-レビューまとめ, エフェクター, オーバードライブ/ブースター

Copyright© 音楽理論.com , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.