音楽理論.com

音楽理論の基礎から応用まで、音楽学校でギターと音楽理論を学んだ筆者が徹底解説。

楽器・音響機器

アコギの騒音対策グッズまとめ!消音して夜間の練習も安心!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

アコギは結構音が大きいですよね・・・

アコギをジャカジャカストロークして弾くと結構な音なんですよね。

お昼は良いですが、夜間となるとジャカジャカ弾けないですよね。。。

アルペジオ弾くだけでもまぁまぁ音大きいし・・・

 

アコギの騒音対策グッズ!

そんなアコギの音を小さくしてくれる超便利グッズがあります!

 

①サイレントピック

こちらはサイレントピックというアコギの音が小さくなるピックです!

これを使うだけで、音の大きさが約1/2くらい小さくなります!

非常に柔らかい素材でできているピックです。ことが小さくなる仕組みはズバリ、この柔らかさです。

例えば、紙をピックの代わりに使用してアコギを弾けば、紙は柔らかくて弦を強く弾くことができないため、当然音は小さくなります。

その柔らかさに、耐久力復元力を備えたピックがこのサイレントピックです!

その柔らかさゆえ、コードストローク以外のアルペジオなどの単音を弾くには向きませんが、夜間練習で最も問題である騒音に関してはコードストロークが最も悩みの種だと思いますので、その1番の問題点を解決するには十分なグッズですね!

 

 

②サウンドホールカバー

こちらはサウンドホールカバーというアコースティックギターのサウンドホールにはめる弱音器です。

サウンドホールにサウンドホールカバーをはめることで、音がギターのボディに響くのを抑え、音を小さくすることができます。

アコギにはめるだけなので、簡単で楽ですね!

 

 

③ミュート弱音器

この弦楽器専用ミュート弱音器で弦を挟むことで、弦の振動を抑え、音を小さくすることができます。

弦の振動を抑えるため、当然サスティンが弱まりますので、音に違和感を覚えるかもしれませんが、効果は絶大です!

サイレントピックサウンドホールカバーを試してみて、もっと音を抑えたいと思った時の最終手段と言っても良いかもしれません!

 

 

まとめ

今回紹介した、

  • サイレントピック
  • サウンドホールカバー
  • ミュート弱音器

以上3つのアコギ騒音対策グッズ。

効果絶大なので是非是非参考にしてみて下さい!







-楽器・音響機器

Copyright© 音楽理論.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.